2015年5月8日金曜日

プチ田舎暮らしが出来る家庭菜園の無料賃貸はすごい町(村)おこし

プチ田舎暮らしが出来る家庭菜園の無料賃貸が村や町を消滅から救う

人口減少で消滅しそうな地方の町や村を救う特効薬が「プチ田舎暮らしが出来る家庭菜園の無料賃貸」だと思う。 「プチ田舎暮らしが出来る家庭菜園の無料賃貸」の取組みはやり方によっては町や村の財政に負担をかけない。負担どころか一気に潤うこととなるだろう。 消滅しそうな地方の町や村は、もはや町(村)おこしなどと言ってイベントやお祭りなどで町や村の財政に負担をかけられない状態である。 是非、最後の手段として「プチ田舎暮らしが出来る家庭菜園の無料賃貸」の取組みを実施してもらいたい。

Myブログ 田舎暮らしは賃貸に限るから引用



田舎暮らし古民家賃貸物件に咲くツツジ

2015年5月7日木曜日

田舎暮らしに古民家や中古住宅、山林・土地の無料賃貸で村(町)は救われる

古民家や中古住宅、山林・土地の無料賃貸の田舎暮らし推進が何故村(町)を救うのか?

最近良く話題になる「増田レポート」の村(町)の消滅危機から、そろそろ本気で村(町)を救う対策を立てなければ、本当に村(町)が消滅するかもしれない。
古民家や中古住宅、山林・土地の無料賃貸の田舎暮らし推進で村(町)を救う方策は、今までのように、NPOや村(町)の有志がやっていたイベント主流の町おこし(村おこし)みたいなガス抜き活動でお茶を濁していたのでは本当に村(町)が消滅してしまうので、村長さんや町長さんの政治生命を掛けた即決断体制が望まれている。
今回の地方選挙では無投票で村長さんや町長さんが当選した村や町が目立っていたが、そのような村や町の村長さんや町長さんこそ、即「古民家や中古住宅、山林・土地の無料賃貸の田舎暮らし推進」対策をとる必要がある。
「古民家や中古住宅、山林・土地の無料賃貸の田舎暮らし推進」対策には、当初は税収の激減といった弊害が付いてくるが、今まで通りイベント主流の町おこし(村おこし)みたいなガス抜き対策で漫然と町(村)の消滅を待つか、それとも村長さんや町長さん、それにその下で住民のために働く公務員の身を切る決断で「古民家や中古住宅、山林・土地の無料賃貸の田舎暮らし推進」対策をすすめ町や村を救うか、選択の時期到来だ。
「古民家や中古住宅、山林・土地の無料賃貸の田舎暮らし推進」対策のメリットに付いては、また機会があればこのブログか、私が管理する他の田舎暮らし関連のブログへ順次投稿する予定です。
Myブログ 田舎暮らしは賃貸に限るから引用