2014年10月23日木曜日

ついに人口減少対策に乗り出した北海道


無料の賃貸の土地で仕事をはぐくみ田舎暮らしを満喫してもらおう

人口減少対策に本格的に乗り出した地方自治体はまだまだ少ない。
現在の日本の田舎の人口減少対策の現状は、NPO法人などが町おこし(村おこし)などと称して、人集めのイベントの○○グランプリなどを開催して、お茶を濁している状態。
一時的には、興味を持った人々が集まるかもしれないが、この町(村)はラーメンが美味しいから「この町(村)に一生住んでみたい」なんてうまい具合にはいかない。
ラーメンの美味しい町(村)だからとか、魚が美味しい町(村)だからとかは、観光には結びつくかもしれないが、それが理由でわざわざ移住する人はいないと思う。
田舎暮らしをしたい人や、IターンやUターンをしたい人をすんなり移住させるには、田舎暮らしをしたい人や、IターンやUターンを希望する人たちに大きなメリットを与える必要があります。
ついに人口減少対策に乗り出した北海道も、本格的に人口増加策をとるのであれば、無尽蔵とも思える北海道の土地を、田舎暮らしをしたい人や、IターンやUターンを希望する人たちに無料の賃貸で貸し出してもらいたい。
できれば、若い田舎暮らし希望者や若いIターンやUターン希望者には、子供の教育費をゼロにするとか、子供の食料費をゼロにするとかすれば、もっともっと効果的な人口増加策となる。
本邦初公開であるが、年金生活者で、ある程度の住民税を支払える健康な老人たちにも、家を建てて家庭菜園が出来る程度の土地を無料で賃貸で貸し出せば、村(町)の税収は増えるし、老人の医療費はかからないしで等々、良い事尽くめである。
老人に関するキーワードは、「無農薬、有機栽培の家庭菜園」であることを、老婆心ながら付け加えておきます。
勇気有る地方自治体の田舎の人口減少対策担当者の皆様は、是非上記内容を行動に移してください。
必ず成功するはずです。

田舎暮らし格安物件の無料賃貸で町(村)おこし(Myブログより)


「田舎暮らし格安物件の無料賃貸で町(村)おこし」とは

田舎暮らし格安物件の無料賃貸の最終目標は、町(村)の病気にかかわる医療費をゼロにもっていく事にある。
なぜ、田舎暮らし格安物件の無料賃貸が、町(村)のにかかわる医療費のゼロと結びつくのかの検証は、機会あるごとにこのブログで発表したいと思います。
皆様も、町(村)おこしスタッフの方々も、なぜ、田舎暮らし格安物件の無料賃貸が、町(村)の病気にかかわる医療費がゼロと結びつくのかを、考えていただきたいと思います。
日本のほとんどの町(村)は、病気にかかわる医療費がゼロになるのであれば、田舎暮らし格安物件の無料賃貸に要する費用の出費など、なんて事は無いはずです。
田舎暮らし格安物件の無料賃貸で、町(村)の病気にかかわる医療費がゼロになれば、町(村)の人口がどんどん増え、税収もどんどん増えます。
田舎暮らし格安物件の無料賃貸で町(村)おこしの効能を簡単に説明するとすれば、「損して得を取れ」の諺で説明がつくと思います。
Myブログ 田舎暮らし格安(土地・古民家)物件賃貸活用法より

2014年10月4日土曜日

安心して子供を育てられる町(村)で町(村)おこし


子供が丈夫に育つ田舎暮らし賃貸物件で町(村)おこし

町(村)おこしで募集する子育てをしてもらう家賃無料の賃貸田舎暮らし物件は、広い家庭菜園スペース付きとし、入居者は完全無農薬の完全有機栽培の野菜を栽培して子供に食べさせることを入居の条件とする。
また通学路は、完全に車道と切り離し、要所要所に監視カメラを設ける。

安心して子供を産める町(村)で町(村)おこし


家賃無料の賃貸で田舎暮らしをしながら子供を産もう

無料の賃貸住宅で田舎暮らしをしながら、安心して子供を産める町(村)のキャッチフレーズで町(村)おこしをすれば、町(村)おこしは必ず成功する。
なぜなら、町(村)の人口増加策に結びつく町(村)おこしは、本気の町(村)おこしであり、正しい町(村)おこしであるから。
しかも、田舎暮らしを無料の賃貸住宅でエンジョイしながら子供を産めるのだから、日本中の若い女性の支持が得られるのは明白だ。