2013年2月19日火曜日

古民家の賃貸で町おこし(1)

日本中に、空家の古民家が溢れている。
この古民家に着目して、古民家の賃貸で町おこし・村おこしが出来る。
町おこしであるので、古民家の賃貸物件の収集の取組から町中心で始める。
古民家の賃貸物件を格安の家賃で提供してくれる家主には、固定資産税の減額等のノベルティーを与える。
これだけでも、古民家の賃貸での田舎暮らしに憧れて、住人の流入に結びつく。

田舎暮らしは賃貸でをスローガンに町おこし・村おこし 田舎の仕来りと田舎暮らしは賃貸で町おこし・村おこし

My Blog 古民家 賃貸 より移記


2013年2月16日土曜日

古民家の賃貸物件を発掘するには

古民家の賃貸物件を発掘しようとすると、古民家を貸したくないと思っているオーナーを説得しなければいけない。
次のような理由で貸したがらない場合が多い。
古民家を賃貸するのは面倒だ。
古民家が古すぎて賃貸など出来ないと勝手に思い込んでいる。
村の世間体を気にして古民家を賃貸で貸さない。
相続登記が為されていないので賃貸しない。
賃貸したら最後で、古民家を取られてしまうと勝手に思い込み賃貸しない。
本当は賃貸して賃料が欲しいけど、人間不信や不安だらけで賃貸しない等々。

田舎暮らしは賃貸でをスローガンに町おこし・村おこし 田舎の仕来りと田舎暮らしは賃貸で町おこし・村おこし

My Blog 古民家 賃貸 より移記

2013年2月9日土曜日

田舎の仕来りと田舎暮らしは賃貸で町おこし・村おこし

田舎暮らしは賃貸でをスローガンに町おこし・村おこしを仕掛ける場合、田舎の仕来りや共同作業には無縁の賃貸物件を、どうやって創作するかが、田舎暮らしは賃貸で町おこし・村おこしを成功させるか、失敗するかにかかっている。
田舎の仕来りや共同作業が付きまとう暮らしがある限り、田舎へ住人を呼び込む為のいくら立派な町おこし・村おこしをやってみても失敗あるのみ。
田舎暮らし物件の賃貸であれ購入であれ、都会から田舎へ移り住む理由で最も多いのは、「気楽に田舎暮らしをエンジョイしたい」という理由。
それが、賃貸で田舎暮らしを始めた途端、都会暮らしでは想像すらしなかった、田舎の村の仕来りに振回されて、付合いだらけの毎日で、土曜も日曜も無くなってしまえば、その内、始めた田舎暮らしが賃貸物件で良かったという事になり、さっさと田舎を逃げ出すのは明白である。
田舎暮らしは賃貸でをスローガンに町おこし・村おこし 田舎の仕来りと田舎暮らしは賃貸で町おこし・村おこし